ご利用ガイド

thumbnail

スタッフ管理

会社のチームとチームメンバーをそのままチャネルトークに招待してください。目的に合わせてチームを形成して効率的にコミュニケーションすることができます。チームメンバーをサポートし、メッセージを自動的に送信する「ボット」も設定できます。
  • 招待リンクで社内メンバーを招待し、チャネルに参加している社内メンバーを確認しましょう。

  • 各チーム(部署)ごとに違う権限を付与することも可能です。

招待リンクの有効期限が切れると、そのリンクを介してチャネルへの参加ができません。リンクは重複使用ができ、有効期間内であれば該当リンクを通じて誰でもチャネルに参加が可能です招待したチームメンバーがチャネルに参加した場合、招待リンクの期限が満了する前に直接削除することもできます。

  • [+スタッフを招待する] をクリックして、生成した招待リンクを2つの方法で配信し、一緒にチャネルに参加するチームメンバーを招待してみてください。

    • リンクのURLを直接配信

    • メールで招待リンクを送信

  • チャネルに招待されると、デフォルトの役割で招待されます。

変更したいスタッフの右端にある修正ボタンをクリックし、役割の変更およびマネージャーの削除が可能です。

社内メンバーを全員招待したら、次はチームを作りましょう。 チームを作成してマネージャーを追加すると、 社内でコミュニケーションする時やチャットの対応時に役立ちます。

  • [+チームを作成する] をクリックして簡単にチームを作成し、スタッフを追加してください。

  • チームは目的に応じて複数作成でき、個々人は所属チームまたは進行プロジェクトによって複数のチームに属することができます。

  1. チームにメンションする:CXチームのサポートが必要な場合、@CX_Teamのようにチームをメンションして、チームに所属する全てのスタッフに通知を送ることができます。

  2. グループに自動招待する:会社の複数の社内チャットルームの内、特定のチームが必ず参加しなければならないグループチャットリストを設定してください。 チームに指定された公開グループがある場合、新しいスタッフを招待した時に自動的に公開グループに一括で招待できるので便利です。

  3. 接客チャットでチームを活用する:チャットの責任を担って解決する担当チームを指定すると、チームのスタッフ全員が新しいメッセージに関する通知を受け取ることができます。 担当チームは直接手動で指定でき、接客フロー自動化サポートbotを通じてチーム指定を自動化することもできます。

ボットは、マネージャーからのメッセージ以外のチャネルから自動的に送信される全てのメッセージに使用されます。顧客に親しみを込めて話しかけるボットのイメージと名前を設定し、ブランドの色をつけてください。

  • [+新規ボットを作成する] から新しいボットを作成し、ボット名を検索して作成したボットを管理してください。

  • ボットの画像は自由に変更でき、円形にクロップされ、中央揃えされます。 ただし、一度生成したボットの名前は修正ができません。 ボット名の修正をご希望の場合は、既存のボットを削除して新しいボットを作成してください。

チームは何個まで作成できますか?

1つのチャネル内で最大100個まで作成できます。1つのチームには0名〜500名のチームメンバーを追加可能です。

削除したはずのボットがずっと表示されます。

チャネルの代表ボット、接客フロー自動化、サポートbotなどでボットが使用されていると、削除済みのボットが自動で表示されます。 削除したい場合はボットが他の機能で確認されているかを確認し、他のボットに変更してください。