thumbnail

FAQ

顧客からのよくある問い合わせの質問内容と回答を保存しておくと、ALFが質問内容に沿って自動的に回答できるようになります。

顧客からよくある問い合わせの質問と回答をチャネルトークに予め登録しておくことができる機能です。AIエージェント “ALF” がFAQに登録された回答に基づいて顧客のお問い合わせを解決することができます。

方法:[チャネル設定] - [運営設定] - [FAQ] - [新しいFAQを作成]

a. 言語:FAQを作成する言語を選択してください。

b. 質問:質問は言語に関係なく100字まで入力できます。

c. 質問の追加:顧客の様々な言い回しにもマッチングできるように、最大10個まで質問の追加を設定できます。

d. 回答:1つの質問に対する回答のみでき、最大300文字まで入力できます。

e. 保存:保存ボタンを有効にするには全ての項目を入力する必要があります。保存する際は非公開の状態で保存されます。

f. 公開:FAQのステータスを公開に変更します。

AIのレコメンド機能は一部のチャネルから先にご利用いただけます。今後、全てのチャネルにリリース予定です。

チャネルで対応した問い合わせが一定量以上収集された場合、AIが問い合わせを分析してFAQの作成が必要になりそうだと思われるFAQをおすすめします。顧客の言語別にAIのレコメンドリストが作成され、リストは問い合わせ量が多い順に表示されます。

FAQのメイン画面で設定したり、編集画面で設定することができます。2つの方法でリストからレコメンドされた質問を適用した場合、その質問はレコメンドリストの一番下に移動します。

1. FAQのメイン画面で設定する

  • 方法:[チャネル設定] - [運営設定] - [FAQ] - AIのレコメンドのバナーをクリック

  • リストの中のいずれかの質問を選択し [ドラフトを作成] ボタンを押すと、新しい下書きが非公開ステータスで作成できます。

2. FAQのメイン画面で設定する

  • 方法:[チャネル設定] - [運営設定] - [FAQ] - [+新しいFAQを作成]

  • 作成画面の右側にあるAIのレコメンドリストから質問を選択し、[適用] ボタンを押すと質問を読み込むことができます。

1. 問い合わせで活用する(ALF)

  • 公開状態のFAQであれば、AIエージェント(ALF)を利用するかを設定できます。 (→ALFのガイドを確認する)

  • 登録されているFAQの質問と一致する問い合わせが流入した場合、ALFが該当のFAQの回答内容を加工せずにそのまま使用して返答します。

  • FAQリストでALFが該当のFAQの回答を何回使用したかを確認できます。

2. 社内コミニュケーションとして活用する

  • FAQの質問リンクをコピーしてチーム内で共有することができます。

  • リンクは内部共有用のため、チャネルに参加しているスタッフのみ見ることができ、顧客には見えません。

  1. 質問には正確なキーワードを入力し、質問の追加は質問とキーワードを含めて様々な設定をしてください。

    • 回答を具体的に入力しないと、今後ALFをうまく活用することができません。

  1. サポートbotでALFを有効化するとALFがFAQをベースに答えることができます。

全てのスタッフがFAQの作成と修正できますか?

  • チャネル内で役割を設定していない場合は全てのスタッフが作成と修正ができます。

  • 「受信トレイ設定」権限がない役割のスタッフはFAQを作成と修正できません。

FAQは最大いくつまで作成できますか?

公開できるFAQは最大500個までです。

作成したFAQをどのように編集しますか?

リストからクリックしてすぐに編集できます。質問/回答/言語のいずれか1つでも修正事項が発生すると、右上の保存ボタンが有効になります。編集後に保存してください。

FAQを削除した後に復元できますか?

AIのレコメンドリストと作成したFAQは削除時に永久削除され、復元できません。

FAQリストはどのような順番で並んでいますか?

修正した順に並び、作成時間でも並べ替えることができます。項目ごとに並べ替えられる矢印が表示されます。

無料プランでも利用できますか?

FAQ自体は無料プランでも登録して利用することができます。AIのレコメンドは有料プランでのみ利用できます。